DTVチャンネル 見逃し配信

dTVチャンネルはリアルタイム方式の動画配信サービスなので、

「どうしても仕事が抜け出せない」

「うっかり録画するの忘れた!」

ということがあるときってありますよね?

そんな番組を見れなかったときでも安心できるサービスが、dTVチャンネルにはあります!

それは「見逃し配信」という機能です。

ドーガクン

見逃してしまった放送も、後から動画を見られるサービスなんです!

しかし、見逃し配信が見られる期間も決まっています。

なので、番組がいつからいつまで見られるようになるのか気になりますよね。

そこで、今回はdTVチャンネルの見逃し配信の視聴期間や視聴方法、番組の探し方などを詳しくご紹介したいと思います。

ドーガクン

見逃し配信の期間を知らないと、いつの間にか配信終了しているので、気をつけておきたいですね。

スポンサードリンク

ダゾーン見逃し配信が準備中
JAL無料ビデオプログラムの6つの事前準備
Netflixの解約 お試し無料期間
ブック放題 無料期間のみで視聴する方法
Dマガジン 解約して気づいた点を紹介

dTVチャンネル見逃し配信の特徴

DTVチャンネル 見逃し配信

NTTドコモが提供する動画配信サービスdTVチャンネル。

スカパーやWOWWOWのような有料チャンネルサービスに近いことが特徴ですね。

dTVとは異なるサービスで、月額1280円で、30以上の専門チャネルリアルタイムで視聴することができます。

参考記事:dTVとdTVチャンネルの違いを知ってわかった!目的別の選び方をご提案します。

しかし、dTVやU-NEXTのようないつでも動画が見られるビデオオンデマンドではありません。

リアルタイム配信なので、いつでも好きな動画が見られたり、ダウンロードできることもできないし、動画を録画をすることができないデメリットもあることが残念な点です。

ですが、そのように録画できない時の為に便利なのが「見逃し配信」ですね。

見逃してしまった番組をもう一度観ることができる点がメリットです。

スポンサードリンク

いつからいつまで視聴できる?【実例付き】

DTVチャンネル 見逃し配信の視聴期間

見逃し配信の期間は作品によって違う

見逃し配信期間は作品によって違います。

番組によっては見逃し配信がなかったり、期間が短ったりします。

それでも、視聴できる最長の期間は、放送直後から最大2週間となっています。

ただし、見逃し配信が終わると、再放送があるまでは見直すことができないことがデメリットですね。

見たい作品を見逃してしまったときは、すぐに見逃し配信を視聴するか、期間を確認して、視聴する日程を決めていくことをおすすめします。

見逃し配信対応の作品と視聴期間

先程説明したように、見逃し配信で見られる作品は全ての作品ではありません。

そこで、見逃し配信されている作品の配信期間をチェックしました。(2018年8月14日付)

タイトル 放送日 配信終了日 配信期間
スポンジ・ボブ 8/12 8/26 14日間
NMB48 劇場公演 8/11 8/25 14日間
モテるの法則 8/12 8/26 14日間
コミ・カレ!! 8/12 8/17 5日間
チャーリーズ・エンジェル 8/12 配信無し 配信無し

実際にスポンジ・ボブを検索してみると、

DTVチャンネル 見逃し配信の検索結果

(2018年8月14日時点の検索結果)

このように実際の配信期間が14日間あったことが、簡単にわかります。

それに連載シリーズは見逃し作品もたくさんあるので、長い時間楽しめそうです。

視聴期間

多くの作品では2週間の見逃し配信期間がありました。

しかし、「コミ・カレ!!」のように配信期間が5日間のものありますので、作品によって配信期間が異なることがわかりましたね。

スポンサードリンク

見逃し配信の対応デバイス

DTVチャンネル 見逃し配信閲覧デバイス

専門チャンネルが多いので、視聴デバイスが制限されているイメージがありますよね。

そこで、dTVチャンネルで視聴できるデバイスについて、対応デバイスと仕様環境について確認しておきます。

対応デバイスと仕様一覧

  • パソコン(Windows・Mac)
  • スマホ(iOS9.0以上 もしくは Android4.4以上)
  • テレビ視聴用デバイス(dTVターミナル、chrome cast)

dTVなどのビデオオンデマンドのサービスはスマートテレビやブルーレイレコーダーなどで視聴できるデバイスがありますが、dTVチャンネルは対応数が少ないところが気になるところです。

ご使用のデバイスでdTVチャンネルの見直し配信が対応していないケースがありますので、詳細についてはご自身で確認することをおすすめします。

★⇒使用機器の詳細をチェックする

スポンサードリンク

見逃し配信の視聴方法【パソコン・スマホ別に】

次に、実際の見逃し配信の視聴方法について、パソコン、スマホでご紹介します。

見逃し配信の使用条件(パソコン・スマホ共通)

  • dTVチャンネルに加入済み

たったこれだけです!

そして、登録もカンタンです。

ドコモ契約者は登録がすぐ完了しますし、ドコモ契約者以外の方でも、dアカウントを発行して、決済方法を登録するだけなので、手間が少なく登録が完了できます!!

dTVチャンネルの登録・解約方法は簡単なので、まだ登録前だよって方は、さくっと試してみるのもいいかもしれません。

今なら、31日間無料で登録できるみたいです。

パソコンで視聴する方法

ここでは、見逃し配信をパソコンで見る方法をご紹介します。

公式ホームページへ移動

DTVチャンネル 見逃し配信を見る方法

dアカウントにログイン

DTVチャンネル ログイン

番組表をクリック

DTVチャンネル 見逃し配信

過去の見逃し番組を見るをクリック

DTVチャンネル 見逃し配信を見る方法

あとは過去の番組表から、見たい番組を選択すれば、見逃してしまった番組を視聴することができます。

スマホで視聴する方法

続いて、スマホで見逃し配信を見る方法です。

「dTVチャンネルアプリ」を開く

DTVチャンネル スマホで見逃し配信

★アプリを持ってないなら⇒ダウンロードする(iOSAndroid

番組表をタップ

DTVチャンネル 見逃し配信をスマホで見る

番組表から見たい番組を選択

DTVチャンネル 見逃し配信 みたい番組

これで、見直し配信の動画をスマホで見ることができます。

スポンサードリンク

見逃し配信の番組を探す方法

見逃し配信の視聴方法が分かったところで、次は見逃し配信に対応している番組を探す方法をご説明していきます。

番組の検索手順(2つの方法で)

見逃し配信に対応する番組を探すときに、

  • 見たい番組が決まっている
  • 今見られる動画を探したい

このように2通りの利用方法があります。

そこで、それぞれの場合に応じた、見直し番組の探し方についてご説明します。

見たい番組が決まっている場合

見逃し配信の視聴方法で説明したように、公式サイトから番組表を開いてから、見たい番組が放送していた日時を探すことで、番組を探すことができます。

★⇒見たい番組のチェック方法

今すぐ見られる動画を探したい

「特に見たい番組は無いけど、暇つぶしに動画を探している」

そんな方が動画を探すときに便利な方法があるので、紹介したいと思います。

公式サイトへ移動

DTVチャンネル 公式サイトへ

「番組を探す」内の「ジャンル」を選択

DTVチャンネル 番組を探す

見たいジャンルを選択⇒見逃しをクリック

DTVチャンネル 見逃し配信を視聴する

好きな動画を選択

DTVチャンネル 見逃し配信でみたい動画を選択

暇な時に動画を見たいなら、この探し方でお気に入りの作品を見つけるのも1つの手ですよ。

スポンサードリンク

見逃し配信のコンテンツは?

DTVチャンネル 見逃し配信で見れるコンテンツ

dTVチャンネルのコンテンツは豊富!!

アニメ、キッズ dアニマックス・ディズニージュニアライトなど全5種類
エンターテイメント TBSオンデマンドチャンネル、プチフジなど全7種類
海外ドラマ、洋画 ソニー・チャンネル、映画ザンマイ
音楽 MTV MIX、&MUSICなど全3種類
ニュース TBSニュースバードeverywhere、euronews
ドキュメンタリー ヒストリー、ナショナルジオグラフィックなど全3種類
韓流・華流 KBS Worldなど全3種類
趣味 将棋プラス、囲碁プラスなど全6種類

見直し配信の作品数

見逃し配信されるコンテンツ数も全体の配信数に対して、ジャンルによって割合が異なりますね。

ジャンル 全て(見逃し) 見逃し配信の割合
ニュース/報道 278(4) 1.4%
スポーツ 298(57) 19.1%
情報/ワイドショー 115(64) 55.6%
ドラマ 1108(448) 40.4%
音楽 1062(359) 33.8%
バラエティ 3849(1935) 50.3%
映画 262(93) 35.4%
アニメ/特撮 4052(2115) 52.2%
ドキュメンタリー/教養 2230(1193) 53.5%
劇場/公演 50(3) 6.0%
趣味/教育 4097(2148) 52.4%
その他 117(0) 0%

スポンサードリンク

見逃し配信のメリット・デメリット

DTVチャンネル 見逃し配信のメリット・デメリット

ここまでで見逃し配信について説明してきましたが、いかがだったでしょうか?

見逃し配信を見る方法はわかったけど、どのような場面で使うのかわからないこともあるかもしれませんね。

そこで、見逃し配信のメリット・デメリットについても説明しておきましょう。

メリット

こんなときに動画が見たいという人におすすめです。

  • うっかり見逃してしまったから、番組終了後にすぐ見たい
  • テレビの録画を使うのはめんどくさいけど、たまに録画しておけばよかったと思う
  • テレビを流しっぱなしにしたい(子供の見せ続けられる)
  • 何度見ても追加料金が必要ない
  • ドコモユーザーなら割引が適用される
  • dTVを利用中、もしくは一緒に申し込むと割引が適用される

「テレビを録画すること」は手間になるし、「録画した動画の再生」は、時間が空いていないと何の動画を録画したのかも忘れてしまうこともあります。

いつまでも再生しないと、レコーダーのデータ容量を貯めこんでしまうだけでよくありません。

dTVチャンネルでは、そのような手間もかけず専門チャンネルが楽しめるところもメリットの1つです。

そして、お子さんのいる家庭では、仕事から帰ってきた後は子供にテレビを見せている間に夕食の準備をする方も多いですね。

そんな時に、テレビを流しっぱなしにできれば、何度も番組を選んで再生する手間が必要なく、1度チャンネルを選べば動画が流れ続けます。

しかし、U-NEXTdTVのようなビデオオンデマンドでは、毎回番組を選ばないといけないので、番組終了ごとに番組を選びなおさなければならないのは、めんどうと感じることがありますね。

ということで、dTVチャンネルのリアルタイム方式と、dTVなどのビデオオンデマンド方式は、使い方次第で利用するサービスを使い分けられそうですね。

デメリット

録画ができない

dTVチャンネルは録画する機能が無い為、見逃し配信でも録画することができません。

録画機能が無い代わりに、見逃し配信サービスが提供されているようですね。

全ての作品が見逃し配信対象ではない

先程見逃し配信作品数を一覧で示したように、全てのコンテンツが見逃し配信されるわけではありません。

作品放送時間に見られなかったときに、「見逃し配信があるから大丈夫!」と安心していると・・・

見たかった作品が見逃し配信されないことがあるんですね。

見逃し配信されるかどうかを事前に確認しておくことで避けることができます。

オフラインで楽しむことができない

dTVチャンネルでは、録画もダウンロードも対応していません。

その為、ネットワークがつながらないトラブルがあったときに動画を見たくても、見られないデメリットがあることが残念ですね。

そして、無料Wi-Fiがないようなところで動画を視聴すると、通信量が膨大となり、通信料が高くなったり、利用しているキャリア・MVNOによっては通信制限となってしまうこともあります。

参考記事:【緊急】dTVチャンネルの動画が見れないエラー時にやるべき解決策8選(PC・mac・iPhone等)

オフラインでも動画を楽しみたいなら、ユーネクストdTVを併用することも検討しておくとよいでしょう。

複数デバイスで同時視聴できない

同時に複数のデバイスで視聴はできないので、見逃し配信とリアルタイム配信は同時にみることができません。

リビングの大きなテレビで映し出すような、大画面で多くの人が楽しめるような環境で利用するには良いですね。

スポンサードリンク

今から登録しても見逃し配信が楽しめる

「気になる番組がやってたから、ちょっと見てみたいな・・・」

今からdTVチャンネルに登録することで、見逃し配信を利用することができます。

多くの番組は見逃し配信期間は14日間あるので、これから登録してもすぐに視聴できるようになります。

そして、dTVチャンネルは他のビデオオンデマンドとは異なり、専門チャンネルを見ることができます。

他では見ることがないオリジナル番組が多いのが特徴ですね。

そんなdTVチャンネルは今なら31日間だけ登録無料で楽しむことができますよ。

解約方法もとても簡単!⇒dTVチャンネルの解約方法はコチラ

そして、登録方法もカンタン。

もし、「見逃し配信」を試してみたい人は参考にしてみてください。

登録方法

登録方法は簡単ですので、次の登録手順を参考にしてみてください。

  1. dTVチャンネル公式サイトへ移動
  2. 31日間無料お試しをクリック
  3. dアカウントでログイン(dアカウントを持っていないならここで作成)
  4. 利用規約に同意
  5. 登録完了

登録作業は数分の手続きで簡単に終わらせることができます。

スポンサードリンク

まとめ

dTVチャンネルの見逃し配信がいつから見られるのか、いつまで見られるのかなどをご紹介してきました。

最後に内容をまとめてスッキリしておきましょう。

  • 見逃し配信は番組終了直後から最大14日間楽しむことができる
  • 視聴機器はスマホ・タブレット・ChromeCast・dTVターミナル
  • 見逃し配信している番組も簡単に見つけることができる

利用端末できるデバイスがdTVなどのビデオオンデマンドより少ないので、しっかり対応機器を確認しておきたいところです。

ただし、ChromeCastには対応しているので、大画面のテレビに映し出して楽しむことはできます。

リアルタイム配信なので流しっぱなしにできるところは、使い道によってはdTVより使ってみたいと感じられますよね。

dTVチャンネルの見逃し配信が気になっているなら、無料登録ができる今のうちに、一度試してみることをおすすめします。