Dマガジン 解約して気づいた点を紹介
Dマガジンの良いところ・・・だれでも無料で1カ月試すことができる!

ドコモが提供する雑誌読み放題のサービスが月額400円のところ、初回は31日間無料で楽しむことができます。

200種類以上の雑誌がラインアップにあり、男性・女性・趣味・旅行などの豊富なジャンルを読めるのはうれしいですね♪

無料期間だけ使うこともできて、解約手続きも簡単で3分で完了します!

その分、31日間はたっぷり楽しむことができましたので、Dマガジンの解約方法や利用して気づいた点などを口コミと比較しながらまとめていきます。

Dマガジンが気になっている人は、今回の記事を参考にしてみてください。

ダゾーン見逃し配信が準備中
JAL無料ビデオプログラムの6つの事前準備
Netflixの解約 お試し無料期間
ブック放題 無料期間のみで視聴する方法
Dマガジン 解約して気づいた点を紹介

Dマガジンの解約方法

Dマガジンを解約する際は、公式サイトから解約できます。

それでは、実際の解約手続きについて解説していきます。

解約手続きの一連の流れ

公式サイトからはネットで簡単に解約することはできます。

  1. Dマガジン公式サイトアクセス
  2. 会員解約をクリック
  3. 「dマガジン解約」のリンクをクリック
  4. 「注意事項に同意」をクリック
  5. 「次へ」をクリック
  6. 「手続きを完了する」をクリック
  7. 退会完了

これだけの手順で完了します。

それでは具体的に画像を使ってわかりやすいく解約方法を見ていきますね。

解約手順の流れ【画像付き】

公式サイトへアクセス

Dマガジン公式サイトへ

次は、公式サイト最下部の会員解約をクリックします。

会員解約をクリック

dマガジン会員登録/解約

公式サイトの最下部に「dマガジン会員登録/解約」と記載されたリンクがありますので、こちら(二重線部)をクリックします。

クリック後、別のページへ移りますので、次の手続きへ移ります。

「dマガジン解約」のリンクをクリック

次に、開いたページの下の方に、下の「dマガジンを解約する」というボタンがありますので、こちら(二重線部)をクリックします。

dマガジンを解約するをクリック

このページは、解約を引き留めるための広告や雑誌のタイトル、中身のイメージが魅力的に魅せてあるので、読んでみたいと思わせるようになっています。

でも、一切見ないで、解約ボタンまで突っ走りましょう。

解約ボタンをクリックすると、dマガジンのサイトからマイドコモのサイトへ移動して、手続きが勧められます。

「注意事項に同意」をクリック

ページ中央部の注意事項の項目で、下のような手続きが必要です。

  1. 「dマガジンの注意事項」をクリック
  2. 内容を読み、閉じる
  3. 「dマガジンの注意事項に同意する」をクリック
  4. ボックスにチェックが入る

このような手続きが、下のイメージの部分で必要となります。

dマガジンの注意事項に同意するにチェックを入れる

注意事項にチェックを入れたら、ページ下の方にスクロールしていきます。

「次へ」をクリック

下の画面が現れたら、「次へ」をクリックします。

次のページへ移動します。

「手続きを完了する」をクリック

ページ最下部の「手続きを完了する」というボタンまでスクロールします。

そして、「手続きを完了する」のボタンをクリック!

他の内容は一切見る必要が無いので、気にしないでください。

dマガジン解約手続きを完了する

退会完了

ここまでこればdマガジンの解約が完了です。

お疲れさまでした。

これだけなので解約はカンタンですから、誰でも解約できますね!

 

スポンサードリンク

無料期間31日間だけで解約は可能?

Dマガジンはトライアル期間(31日間)で解約すれば、違約料金・追加料金なしで解約できます。

ちなみに、Dマガジンの月額料金は400円(税抜き)です。

そこで、違約金が発生しない条件を知り、無料期間をお得に利用しましょう。

違約金が発生しない条件

  • 契約最終日の前日に解約すること
  • 返金や日割り対応は一切なし

ということのようですね。

例えば、9月2日に利用開始をし始めた場合、31日後の1日前、10月2日までに解約してしまえば、無料で楽しむことができるのです。

この場合、一切違約料は発生しないんですね。

私もこのサービスを使ったときは信じられませんでしたけど、実際に1カ月楽しんでから解約できたのでかなり喜んだんだことを覚えています。

 

解約後にクレジットカードへ請求が来る?

正しく解約手順を完了させていれば、解約後には料金請求は来ません。

しかし、Dマガジンを解約してもクレジットカードへの請求がとまらない!という経験をしている方もいるようです。

その場合は、下のようなケースがありえます。

  • 契約期間中に解約できなかった
  • 前月の請求がクレジットカードに来ている
  • アプリを削除・アンインストールしただけ

先程お伝えしたように契約期間中に解約する必要がありますので、契約期間は守るようにしましょう。

また、クレジットカードは締め日の関係で、Dマガジンを7月に解約したのに、クレジットカードの請求が9月に来ることはあります。タイミングの問題ですね。そんなときは、さらに翌月のクレジットカードの請求を確認しましょう。

そして、ありがちなことが、Dマガジンアプリを削除すれば、契約が終了と思っている人がいるということです。

スマホ上からアプリが無くなったからと言って、契約が消えるわけではありません。携帯電話の契約も、スマホを無くしたからといって料金の請求が無くならないのと同じことです。

必ず、上で説明した解約手順から解約するようにしてください。

解約手順をもう一度見る

ダウンロード作品は見れるの?

解約後はすべてのダウンロード作品が見れなくなります。

サービス継続中は雑誌をダウンロードした場合は、登録している端末つまり、スマートフォンに保存されます。

閲覧期限などが設定されているので、有効期限が切れてしまうと閲覧はできなくなることはありますが、基本的にずっと見られます。

あと少し条件があって、最大100ページまでした保存できません。これはクリッピングとよばれる1ページごとに保存するという方法となっています。

保存した記事は、オフラインでも閲覧ができ、雑誌を全体をダウンロードしてしまうと、閲覧期限で読めなくなることもありますが、このクリッピングでは、解約時までずっと閲覧することが可能です。

解約後は読むことができない?

解約すると閲覧することができなくなります。

動画配信サービスなどでは、解約しても契約期間中ならサービスを利用できることもありますが、Dマガジンはサービスを利用できない点は残念ですね。

スポンサードリンク

有料会員なら月末に解約したほうがお得?

月末の前日に解約するのが、一番お得です。

その理由は、

  • 契約期間
  • 解約後のサービス

にあります。

契約期間

Dマガジンの契約期間は、月の初め1日から末日までです。

自分でなにか手続きをしなくても、対象月の月末までが契約期間になります。

しかし、月の途中で解約した場合でも、残りの期間を利用していないからと言って日割り返金は無いので注意しておきましょう。

なので、契約をする場合は月初から登録すると、一番お得に感じられますね。

解約をする場合は、月末までに!ということを覚えてきましょう。

ドコモのサーバーメンテナンスなどが月末に実施されてしまう場合、そもそもアクセス自体ができず、解約ができない可能性がありますので、余裕を持って解約手続きをすることをおすすめします。

解約したくなった理由

月額400円(税抜)で約200誌以上の雑誌が読めるdマガジン。閲覧できる雑誌も、男性誌、女性誌、ライフスタイル、趣味など。JJからFRIDAYなどなど様々なジャンルのメジャーな雑誌が閲覧できます。

雑誌1冊一番安くても400円くらいはしますよね?

それを考えれば、全ページ見ることはできませんが、最低でも1冊〜2冊読めば元が取れるのでお得なのでは?と思います。

また複数のデバイスから同時閲覧も可能(スマホなどデバイス5台、プラウザ1台)なので、家族で加入すればさらにお得なのでは?と思います。

しかし、解約したユーザーの声をまとめると、思ったよりも閲覧する時間がなかった、しなかった、スマホでは閲覧しにくかった、好きな雑誌がなかったという理由が挙げられています。

音楽と違って「ながら視聴」ができないところがネックになるようですね。

そして、それ以外にも解約したくなる2大理由についてご紹介します。

ログインできない

何度やってもログインできないという場合には、次のようなことが考えられます。

IDやパスワードを何度も間違えてしまった場合に、ロックがかかってしまう

この場合は、IDかパスワードを再度確認してください。ドコモユーザーの場合は、Mydocomoから確認ができます。

  1. Mydocomoを選択
  2. メールパスワードの設定を選択
  3. dアカウントメニューを選択
  4. ID/パスワードの確認・ロックの解除を選択
  5. ネットワーク暗証番号を入力

読むことができない

読むことができない場合は、アプリが更新されているかをまず確認しましょう。バージョンが古いと開くことができない場合があります。

もしそれでも開けない場合は、アプリをアンインストールしてから再インストールしてみましょう。

ドコモユーザーの方は、Wi-Fi接続時とそれ以外の通常無線回線使用時でログインの方法が異なります。

ドコモ回線の場合は、ネットワーク暗証番号を入力してログインしますが、WiFi使用時は、dアカウントとIDのパスワードを入力してログインします。

回線によって開けないという不具合があるようなので、Wi-Fi使用時は、一度切断してから繋ぎ直してみてください。

スポンサードリンク

Dマガジンの評判・口コミ

Dマガジンでは次のような口コミがありましたので、ご紹介します。

スマホの読みやすさ

スマホでの読みやすさは解約の理由の1つにもなっていましたが、やはり誌面をそのまま反映させているので、スマホ画面で小さい文字を読むのは、非常に大変なようです。

パソコンの使いやすさ


パソコンでの操作がしやすいということは、評判になっています。

操作しやすいのは便利でいいですよね!

まず、スマホと違い見開きで閲覧することができるので、本当に雑誌を読んでいるような気分になれます。

表示には少し時間がかかることもありますが、キーボードとマウスで操作方法も非常に楽なようです。

雑誌の種類

カテゴリー分けすると、女性誌、男性誌、週刊誌、趣味、ライフスタイル、妊娠・出産、ビジネス誌、料理 といった感じです。

雑誌名を見ても有名なものばかりです。専門誌でいうと、釣りやDisneyFAN、鉄道ファン、DiscoverJapanなど珍しいものも取り扱いがありました。

通信量

だいたい閲覧できる雑誌のページ数は100ページほどとなっています。

1ページあたりが、1MB程度使用すると考えても100MB程度使用していると考えてみてください。

これは、動画視聴で置き換えてみると、約25分程度視聴したことになります。そのため、WiFiに接続し、雑誌や読みたい記事をダウンロードしておく、オフライン機能というものを使えば、簡単に読むことができます。

スポンサードリンク

楽天マガジンと比較

サービス内容

サービス内容 dマガジン 楽天マガジン
料金 432円 410円
無料期間 31日間 31日間
マルチデバイス対応 5台+PC1台 5台+PC2台
同時視聴 別々の端末で同じ雑誌をダウンロードできない 同時視聴可能
オフライン視聴
雑誌数 200以上 200以上
ポイント支払い ×

ほとんどのサービス内容は同じですが、

  • 同時視聴
  • ポイント支払い

については、楽天マガジンと違いがあります。

同時視聴

Dマガジンでは、1つの雑誌を2つの端末にダウンロードすることができません。

例えば、家族に姉妹2人がいて、2人とも「美的」というコスメ雑誌を見たいと思って、姉はiPadから、妹はiPhoneから雑誌をダウンロードしようとします。

でも、1つの端末でしかダウンロードできないので、先にダウンロードした人だけが、端末に「美的」をダウンロードできるというわけです。

姉が先に「美的」をダウンロードしていて、妹がその後にダウンロードしようとすると、「ダウンロードできません」という表示が出て、iPhoneにダウンロードできないということになります。

でも、楽天マガジンは同時視聴が可能なので、同じ時間に同じ雑誌を見たい場合でも、姉妹は同じ雑誌を見ることができるんですね。

ポイント支払い

Dマガジンでは、Dポイントで月額料金400円を支払うことができません。

100円使うと1ポイントもらえますが、Dマガジンに使えないのは残念ですね。

でも、ドコモが提供しているDマーケットでは利用することができるので、使う機会はいくらでもあります。

使いやすさ

画面の見やすさ

画面の見やすさでいうと、これはどちらも変わらないようです。

画質の綺麗さ度合いでも、表示スピードでもあまり大きな差はないようでした。

雑誌の検索しやすさ

検索のしやすさは、Dマガジンが圧倒的にしやすいようです。

記事ごとのランキングが表示されていたりと、自分が気になる記事だけを閲覧することもできます。

また、検索の部分で、自身が検索した項目が掲載されている雑誌しか表示されない楽天マガジンに対し、Dマガジンは掲載記事まで表示されます。

そのため、操作性という面でもDマガジンの方がいいかと使いやすいと思います。

特典

楽天の場合は、どのキャリアの方にも、楽天ポイントが貯まるというところが、かなりお得です。

実際携帯料金とともに支払いをすれば、どこもユーザーであれば、支払い額に応じて、dポイントも貯まるのでお得ではありますが、その他のユーザーにとってはあまり大きなメリットがありませんよね。

ご自身が読みたい雑誌があるかを基準にして考えるのが一番かもしれません!

スポンサードリンク

まとめ

今回Dマガジンの解約して気づいた点についてご紹介してきましたが、いかがだったでしょうか?

それでは、最後にもう一度だけ、おさらいしておきましょう。

  • 無料期間のみで解約できる
  • 解約完了まで3分
  • 解約時に違約金は必要なし
  • Dマガジンは検索しやすい

無料期間で解約できるのはうれしいですね!

そして、Dマガジンの解約方法も簡単に完了できます。

31日間の無料期間を利用してから解約しても追加料金がかからないのはお得です。

それを知らずに雑誌を見るのを諦めるのはもったいないですからね。

キャンペーンを実施している間に、サクッと無料を楽しんでみてはいかがでしょうか?