パラビの解約時の手間

動画配信サービスは登録や解約が手間なんです!

国内ドラマが見られるParavi(パラビ)も同じように手間ってかかってしまいます。

せっかくいいサービスなのに、手間がかかってしまったら考えてしまいますね。

だから、パラビではどんな手間がかかるのかまとめていきます。

ダゾーン見逃し配信が準備中
JAL無料ビデオプログラムの6つの事前準備
Netflixの解約 お試し無料期間
ブック放題 無料期間のみで視聴する方法
Dマガジン 解約して気づいた点を紹介

解約には手間がかかる

解約するときにはこんなにも手間がかかってきてしまいます。

  • アプリから解約できない
  • 電話で直接解約できない
  • 契約解除する日を覚えなくてはいけない

見るだけでも嫌になりますね。

でも、こんなに考えなくてはいけないことを知っておいてください。

どんな内容になるか、具体的に紹介します。

アプリから解約できない

動画視聴はアプリから見るに決まってるのに、なんでアプリから解約できないの!

本当に嫌になってしまいます。

パラビに契約してお金を払って、アプリをダウンロードしたのに、解約の時にはアプリから解約できません・・・ですって!

なんでこんなに使い勝手が悪いのかな。

解約するには、わざわざスマホに入っているGoogle ChromeやSafariなどのブラウザを開いて、パラビ公式サイトへアクセスして、解約の手続きをしなくちゃいけないんです。

これが手間ですよね。

アプリから解約するシステムは作る気がないのかな、ブラウザからしかパラビは解約できません。

これから解約する人はご注意を!

電話で直接解約できない

問い合わせ用の電話番号があるのに、電話で解約することができません。

パラビの電話番号

ブラウザで解約するのがめんどうなので、オペレーターに解約してもらいたかったのに、解約は電話で受けたまることができませんっていうんです。

ちょっと頭に来ちゃいますね。

手間がかかると間違えるし、解約できたのかわからないのでオペレーターに手続きしてもらいたいのに・・・

オペレーターにの人数を削ってコストダウンしているんでしょうね。

電話対応サービスはあまり良くないです。

もし人数を減らすなら、アプリから解約できるようにするとか考えてほしいな。

契約解除する日を覚えていないといけない

解約するときは、サービスが使えなくなる日なんです。

長く使いたいから、契約解除ぎりぎりで解約したいって気持ちがありますよね?

でも、パラビではその気持ちはくみ取ってもらえません。

他の動画配信サービスより優遇したシステムにしたら、もっと登録者も増えると思うけどなぁ。

そこは残念なところです。

契約解除する日をおぼえておくことは「自己責任」で片づけられちゃうかもしれませんが、損するのは嫌ですね。

解約日を覚えておくために、カレンダーアプリに登録したり、カレンダーに書き込んだりして、忘れないようにする工夫が必要になります。

どうしてもっとシンプルに解約させてもらえないのか・・・

違約金を支払って損することも?

違約金を支払うことはないようですが、思わぬ出費になっちゃうことはあるようですよ。

例えば、こんな出費です。

  • 無料期間を超えて翌月支払いが必要になった
  • 解約後の返金があると思っていた

あるあるですよね。

無料期間が超えてしまったときなど、詳しく事例を紹介しておきます。

翌月支払いが必要になった

パラビは登録した月だけ無料で動画を見ることができます。

登録した月だけですよ!

3月10日に登録しても3月31日まで

3月30日に登録しても3月31日まで

これだけしか、無料期間がないんです。

ここがわかってないと、こんな失敗をするかもしれません。

  • 無料期間が1カ月(約30日間)あると思っていた
  • アプリをアンインストールして解約できたと思っていた
  • 自動で解約されると思っていた

無料期間がいつまでかってことをわかってないと、解約したと思っていても、突然請求がくることもあってびっくりしてしまいます。

先ほど挙げた内容は無料期間がいつまでなのか気づいていないと、追加で翌月の月額料金を払う必要が出てきてしまいます。

これって痛い出費ですね。

払わなくてもいい料金を払いたくないですからね。

自動解約サービスはある?

パラビは国内ドラマのラインナップがたくさんあっていいんですよね。

でも、「海外ドラマ少ない」「意外にWOWOWのドラマが少ない」「ピンチョス配信使いにくい」っていう、デメリットから解約しちゃいますね。

無料期間だけ見て解約とか、1つドラマを見て解約する人は、こちらの方のようにいるんですね。

だけど、解約し忘れて追加料金払ってしまったーという人もいて、損している人もかなりいます。

解約し忘れても見る動画があれば、まだいいですけど、全く見ないのに月額料金払うのはもったいない。

もし、パラビに自動解約サービスがあれば、絶対いいと思うけどな。

この日に解約しますっていうのを、タイマーのように日時を設定して、その日が来れば自動的に解約される。

そんな自動解約サービスがあったらパラビはもっと使いやすくなる。

もちろん、解約する人が増えるってこともありますが、親切なサービスなので信頼できますからね。

不便なサービスをそのままにしていると、解約する人を増やさないために、わざわざ解約しにくいシステムにしてるんじゃないの?って疑ってしまいます。

パラビは比較的新しいサービスなので、まだまだ改良の余地があると思うので、そのあたりは頑張ってほしいですね。

今は、解約直後から視聴できなくなるので、本当に自動解約サービスができることを願います。

でも、解約と違って、退会は自動退会になるシステムになっているんですよ。

パラビの月額会員を解約すると動画が見れなくなるけど、個人情報は残る。

クレカなどの情報をすぐにでも消したいって人はパラビのサービスから完全に消えるために、退会手続きが必要。

退会するためには2つの方法があって、

  • 1年間利用しないと自動退会
  • 電話で退会依頼する

という方法があります。

退会では自動退会できるシステムになっているので、解約も自動でできるようになるのを期待したいですね。

解約方法はすべてマニュアル

自動解約ができないので、マニュアルで解約手続きを進めることに。

実際の手続きは下記の画像に沿って解約すれば、簡単に解約できます。

①パラビ公式サイトの三本線の記号を選択

パラビ解約

②アカウント情報を選択

パラビ解約

 

③契約プランの確認・変更・解約を選択

パラビ解約

④プラン解約を選択

パラビ解約

 

⑤解約を続けるを選択

パラビ解約

⑥解約するを選択

パラビ解約

解約手続き自体はそこまで手間じゃないですが、解約手続きするまでが面倒なんですね。

登録作業も手間がかかる

あわせて、登録作業もこちらで紹介しておきます。

登録・再登録のときに参考にしてください。

①パラビ公式サイトで無料体験を申し込む

パラビ登録

②個人情報を入力

パラビ登録

 

 

③アドレス入力後⇒PIN送受信⇒入力

パラビ登録

④利用規約にチェックを入れて次に

パラビ登録

⑤クレカ登録後⇒次へ

パラビ登録

⑥登録完了

パラビ登録

登録方法に迷ったときは参考にしてください。

まとめ

パラビを解約するときの手間についてご紹介してきました。

  • 無料で解約しようとすると、解約日やアプリから解約できないなどを覚えておく手間がある
  • 自動で解約できないので、サービスをもっと改善すれば、さらに使いやすくなる
  • 解約手続き自体は簡単で3分で完了

国内ドラマが充実している動画配信なので、使ってみたい。

でも、めんどくさそうだから気になりますね。

特に解約忘れがあると、もったいないですから。

今回のパラビの解約時の手間を参考に、パラビを登録・継続・解約のお好きなようにご利用ください。

チェック ⇒パラビ公式サイト